スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

3月24日の小さなサロン「トリスタンの生い立ちと騎士道」

去る3月24日13時からの小さなサロン~トリスタンとイズー、トリスタンの生い立ちと騎士道~の報告。


ゴットフリートの本とコンスタンス・B・ブシャード監修「騎士道百科図鑑」(悠書館発行)を手掛かりに、騎士としてのトリスタンが受けた教育と、教育によってどう育つのが当時の理想だったのか、実際行われていた教育はどのようであったのか、実際の騎士の在り方はどのようであったのかを読んだ。


トリスタンの出生は後日にかれの両親のロマンスをとりあげるときに追うので、今回は養父ルーアルに引き取られてからを読む。


7歳までは養母の手による「世話」を受け「ことば」「立ち居振る舞い」の基礎を得る。

7歳になると母の手から離されひとりの教師クルヴェナルに託されて、「外国語」を学ぶために「留学」する。同時に「書物」による学習が始まり、それをゴットフリートは「自由を失う」と表現する。
並行して「あらゆる弦楽器の弾奏」「盾と槍を持って騎行する」「手綱を用いず馬を操る」「撃剣・格闘・槍投げ」「疾走・跳躍」「狩り」「心映え・礼儀作法」を学習する

14歳になると自国に呼び戻され支配層としての教育を受ける。「領国の風習を知る」「徳行に心を向ける」そして「人々に愛される」

他に、チェスなどの遊びもたしなむことが書かれている。

物語は、このチェスをきっかけにトリスタンの運命が動き始める。

ノルウェーの商船がブルターニュに寄港し、珍しい物品を見に船に上がった少年トリスタンがノルウェー語を使い船員とチェスに興じ気の利いた会話をするので、商人たちは彼を誘拐して小姓としてどこかの宮廷なりに売ろうと考え、トリスタンを乗せたままそっと港を出る。
すると、(よくある展開だが)嵐がおこり遭難しそうになる。商人らはトリスタンの誘拐が神の怒りをかったと思い、彼を開放しようと誓うと嵐がおさまる。そこで最寄の陸地にトリスタンをおろして去る

トリスタンが降り立ったのは、コーンウォール、そこで彼はマルク王の狩場に出会い、ブルターニュのやり方で鹿をさばいて見せたところ、皆の感心と興味を集め、彼のハープ演奏と歌も称賛を得て、マルク王の宮廷に入る。
音楽の素養はじっさいに身を助ける
リチャード獅子心王は囚われの塔の中で夜な夜なハープを弾き歌ったところ、おかかえ詩人のブロンデルが居場所を探し当ててくれた。♪Ja nuls homs pris 

ここまでに、鹿をさばく際のトリスタンが「美しい髪を耳にかけ」たり、袖をまくったり、「白い指」でハープを奏で、美しい声で機知に富んだ表現を駆使して歌う、など、彼の美形ぶりを表すことばがくりかえされる(たまらん!)。彼がどれほど理想的な人物かを印象付け、「恋」にふさわしい人物であることを暗示する

何年かがたち、誘拐されたトリスタンを探して養父ルーアルがマルク王の宮廷にたどり着き、実はトリスタンはマルク王の甥だと明かす。

トリスタンはマルク王の後継者として「封」を受け、騎士のなるための「刀礼」を受ける。
この儀式の華麗な描写に、多くの行数がかけられて、それにちなみながらゴットフリートが先人のミンネジンガーたちをリスペクトする文章が続く。


甲冑と衣服が4つの要素から整えられる
①軒昂たる意気が欲求し、
②有り余る財宝が叶え、
③それらを「分別」が裁断して整え、
④宮廷風の志操が縫い合わせて装備・装飾を作る

それに「高貴な心映え」が備わる

ミサが行われキリストの戦士Miles Christiとなる祈りと誓いがなされ、剣、拍車、槍の装備が王から与えられる

それから、宴とトーナメントが延々と華やかに繰り広げられる。


騎士の心がけが列記されている

高貴の生まれ
謙虚
人を欺かない
誠実・誠意
礼儀正しい
弱気者に親切に、強き者には常に誇らかであれ
身を飾り
品位を高め
すべての貴婦人を敬愛せよ
物惜しみしない気前よさ

これらは黄金や黒テンの皮以上に「槍と盾」にふさわしい


このあとは、アイルランドの巨体の騎士モーロルトとの決闘、ドラゴン退治、と従来騎士道物語で扱われた「力」の話が続き、それぞれの戦いで受けた「重傷」を治してもらうべくトリスタンはアイルランドの王妃イズー(トリスタンと恋に落ちるイズーの母)のもとに「流れ着く」

2度目にアイルランドに向かう理由となったのは、マルク王が妃を迎えるべく候補にあがったのがアイルランドの王女イズーだった、ということだ

そこでドラゴンを退治して、イズーを連れてコーンウォールに帰る航海の途中で、誤って飲んだのが、例の「媚薬」。ここまででゴットフリートの本はちょうど半分だ。


現実的に、騎士というのは中世の「エリート戦士」
職業的戦士、社会的状態と政治的権力と法的階級区分に対応するもの、ライフスタイルを含む社会的地位であった。また、「理想」によって定義されうる存在で、それに対しての自己認識を持つ

騎士になる手続きは以下である


ページ  少年、小姓。見習い。食事の世話(サービス=テーブルクロスをかけ、フィンガーボールを出し、大皿のサーブをし、飲み物が空にならない気配りをする)、伝言係、衣服の着脱の手伝い、などをする
 ↓
スクワイヤー 槍持ち。甲冑の着脱の手伝い、剣の手入れ、馬の世話をして、ほぼ騎士とかわらない技術を得る
 ↓
叙任式


ただし、叙任式には莫大なお金がかかるので、一生スクワイヤーであることを望んだり余儀なくされたりする者も多かったという。これが後々、騎士という社会的存在が没落し消滅する原因のひとつとなる


騎士は「戦う人」である(聖職者は祈る人、農民は働く人)権力者(君主)に力を提供し、「封」として農民付き領地をもらう。
やがて君主自身も「騎士」の認識をもつようになる

力によって名誉を守り、戦闘での勇敢さが徳になる、しかし、それはキリスト教的には抑制すべき「暴力」である。すると、「暴力」を聖化する必要ができ、ちょうど都合よくそこに食い込むのが、「十字軍」だった。神様のために戦うならOK!というわけだ

マルカブリュの♪Pax in nomine Dominiは、十字軍キャンペーンソングだし、フォーゲルヴァイデの♪palastina liedはエルサレムに戦いに行くことを理想化した甘い誘いだ


さて、女性、貴婦人とのかかわりは、理想的には「服従」。膝
まづき言いつけを実行する(ランスロットのように)
愛情を押し付けない(ストーカーはダメ!とちゃんと教えているところは現代人も踏襲すべきではないか?)

若い騎士が主君の夫人を敬愛して、ふるまいや清潔の習慣をみにつけるということはあったにせよ、現実での社会制度の男性優位性とは逆転する

また、恋愛は結婚への手続きとはならず、むしろ結婚への反逆行為(結婚はたいてい親同士の取り決めによる)

「貴婦人」側にも問題がある(ほんとうに高貴なレディーではないことも)

トロバドゥールたちの恋愛の逸話はあるものの、物語のような恋愛がどこまでほんとうにあったのか、否、物語がこんなにウケるということは実際にはそれほど恋愛が盛んに行われたのではなかったのではないか、宮廷での振る舞いかたの様式が「恋」だったのではないか

そして、騎士階級と聖職者とは、じっさいには折り合わないことが多く、教会の不利益をはかる騎士もいた、という。
アルフォンソⅩの聖母マリアの頌歌集(カンティガ)48番♪Tanto sonda groriosaもそういう話だ。隣り合う騎士の館と修道院があり、修道士らの飲料水は騎士の敷地内の水源から汲んでいたが、ある時騎士が水に値段をつけた。貧しい修道士らは困りはて解決を祈ると、水が騎士の敷地から修道院へ流れてきた。

カンティガを、参加者のひとりにハープで一つのコードをくりかえしてもらってわたしはカスタネットをあやつりながら陽気に歌ってお開きとした

小さなお菓子は、中世の軍用食ビスケット。全粒粉と蜂蜜と玉子で練った種を薄焼きにした。
確かセルバンテスだったかが、航海のための食料集めの仕事をしていたのではなかったっけ?


4月28日はイズーの策略。恋の逢瀬のために、また、夫マルク王の前で、夫以外に抱かれたことはないと神に誓うために、彼女が仕掛けた策などをあげ、聡明さ、恋のために行う大胆な行為などを読みながら、中世の女性の生き様、また、女性の創作を調べてみようと思います。

ご参加、お待ちしています


0407-1.jpg 0407-2.jpg 

スポンサーサイト
【 2017/04/07 21:08 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 5月26日の小さなサロン「トリスタンとイズー・恋する季節」 | ホーム | 2月24日の小さなサロン「トリスタンとイズー~愛の洞窟」 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。